テスコ・ロータス オンヌット店の「TESCO Finest」

涼しくなった夕方頃に、久々にオンヌットのテスコ・ロータスまで足を運んでみたのですが、ベーカリーコーナーだった一角が「TESCO Finest」というテスコブランドのグロッサリーコーナーに変わってました。

一見黒を基調にシンプルでナチュラルでオサレでときめきますよね。キラキラしてる。

コーヒー、紅茶、ジャム、オイル、ソース、あとはチョコレートなど、どれもテスコのオリジナルブランドのようです。

コーヒーと紅茶のラインナップ
コーヒーと紅茶のラインナップ豊富です。:59バーツ〜
IMG_8792
コーヒー豆もいろいろな銘柄があります
IMG_8796
ジャムは80バーツからあります。

テスコオリジナルで価格もお手頃なんですね。ジャムが安いので、食品表示を見てみると、どうやら100%フルーツではなく、この価格に納得です。棚にそっと戻しました。

IMG_8793
それにしても高級感あるラベル。

個人的に「お!イイね」と思ったのは、ブラックペッパーのホール。
なかなかホールだけってローカルのスーパーでは見かけませんよね。

IMG_8801
これはうれしいブラックペッパーのホールとアンチョビ
チョコレートもたくさんの銘柄があります。

ちょうどコーヒー豆がきれそうだったのと、好きな産地の「スマトラ」があったのでチョコレートと一緒に購入してみました。チョコレートのパッケージもイケてるではありませんか。

IMG_8824
「JAVA SUMATRA」195バーツと「エクアドルカカオ74%のチョコ」85バーツ

チョコレートはカカオ70%くらいが好みなので、コレにしてみました。しかし、74%って中途半端ですよね。

IMG_8825
あけてみました。

中のデザインもイケてるではありませんか。オラ、ワクワクすっぞ。

IMG_8830
中身です。1ブロックが大きい。「1日1カケ。」トイレのカレンダーの標語的なのが浮かびました。

ムムッ。カカオ74%。
少し甘みが強い感じがします。
チョコレートは常温の方が美味しいと思うのですが、コレは冷やしてガチガチにして食べた方が個人的に好きな味でした。

そしてコーヒーは。
開封した時に既に感じたのですが、新鮮な豆の香りがしなかったですね。
価格的にも「Doitung」コーヒーに軍配です。
まぁ美味しいコーヒーが飲みたければ、それなりの豆を買いに行けばいいのですが、それなりの値段がしますからね。当たり前ですが。

 

しかしながら、パスタソースなど、種類が少ないタイでこの価格で、このラインナップは今後も試してみる価値ありですね。


Ecuadorian 74% Dark Chocolate:★★★
Java Sumatra :★
パッケージデザイン:★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で