スイートタマリンドを食べてみた(微グロ注意)

以前、ドライタマリンドについて書きましたが、便秘はもちろん、アンチエイジング、疲労回復効果、食欲抑制効果と、身体に良いこと尽くめなので、あれ以来朝食にヨーグルトと一緒に食べるのが日課になっています。

スーパーマーケットで網に入っている殻付きのスイートタマリンドはよく目にするものの、大量且つ350バーツ位と高いので、なかなか手が出せませんでしたが、この前トップスマーケットで見つけた、箱入り500gのスイートタマリンドが安かったので、試しに買ってみました。

スイートタマリンド500g入り:100バーツ位(約300円)
スイートタマリンド500g入り:100バーツ位(約300円)

箱には、ペッチャブン産と書いてあります。
スイートタマリンドは、果実を樹の上で成熟させて水分が20%以下にしたものを収穫するらしいです。

外側の殻はパリパリと乾燥していて、指で押すと簡単に壊れます。
外側の殻はパリパリと乾燥していて、指で押すと簡単に壊れます。
殻を取り除くと…一本○ソ
殻を取り除くと…立派な一本○ソ
何やらキモい血管みたいな筋が入っています。
何やらキモい血管みたいな筋が入っています。
筋を取り除きます。
筋を取り除きます。ドライタマリンドと違って果肉は柔らかいので簡単に外れます。
ますますホンモノっぽいっすな。
ますますホンモノっぽいっすな。
果肉と種の間には渋皮みたいなものがもう1つあり、食べていいのやらよくわかりません。
果肉と種の間には渋皮みたいなものがもう1つあり、食べていいのやらよくわかりません。
中には堅い黒い種が入っています。間違って思いっきり噛んだら、歯が粉砕すると思います。
中には堅い黒い種が入っています。間違って思いっきり噛んだら、歯が粉砕すると思います。

テクスチャはドライタマリンドと違い、弾力もなくフレッシュな感じ。柔らかくてねっとりしています。
以前ドライタマリンドを干し柿と表現したかと思いますが、このスイートタマリンドは、より酸味が強く、杏と干し柿の中間みたいな味です。
香りも強くて、ほのかに甘い香りがします。

種が多く食べづらいところと、捨てる割合の方が多いのが残念なフルーツですが、個人的に好みの味で気に入りました。
日本ではあまり馴染みがないので初めて食べましたが、料理の隠し味や、ジャムに使われる理由が納得できる美味しさです。


味:★★★★★
食べづらさ:★★★
見ため:ウ○コ
効果:便秘にはテキメン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で