バンコクからチェンマイに荷物が届く。その損傷の程度は!?

チェンマイでの新居も決まったので、犬1号に頼んでバンコクから残りの荷物を送ってもらいました。しかも犬1号仕事が早い。翌日即手配をしてくれました。
 
到着までに4日から1週間かかると言われたそうですが、何ともタイっぽいです。
送料は、Lサイズのダンボール2個と23インチのディスプレイモニタの3つで、811バーツ。
 
さすがに日本よりは安いですね。
 
最初は時間がかかるものと思っていたのですが、なんと3日で到着。
 
ダンボールの損傷具合が気になるところだと思います。

けっこう良い感じでブサブサになってます。
けっこう良い感じでブサブサになってます。

 
こうなる事を想定して、中身は厚手のビニール袋に入れて2重にしてあります。

ディスプレイモニターの箱の角がかなりぶっ潰れていたので、おっかなびっくり開封。
ディスプレイモニターの箱の角がかなりぶっ潰れていたので、おっかなびっくり開封。

ダンボール内には、寝具やシーツ類が入っていたので、破損の心配はなかったのですが、このモニタの外箱を見た時には少しビビりました。
恐る恐る開けてみましたが、中身に損傷はないようでひと安心。

と…最初は薄くて気が付かなかったのですが、何やらダンボールに宛名とは別にボールペンで直接名前が書いてあるのに気が付きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
差出人「伊達直人」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カッコして、ちっさく全然違う本名がアルファベットで併記されています。
 
 
犬1号のしわざです。

読めないと思って何を書いても良いと思っているようです。
読めないと思って何を書いても良いと思っているようです。

「孤児院ちびっこハウス」に寄付をしたエピソードになぞらえたつもりか、最近の一連の児童施設への寄付行為に関連付けたのかはわかりませんが、必ず何か余計な事をしてくれます。
 
そして数日後、また荷物が届きました。
 
香港に行っていた犬1号からのお土産と、買い物を頼んだ物を送ってきてくれた模様です。

今度は小さい荷物で、割とキレイな状態で届きました。
今度は小さい荷物で、割とキレイな状態で届きました。

またまた3日で到着し、送料はな、なんと、83バーツ。安!!
今回は、箱も違うので、「伊達直人」なるフザケた差出人表記はありませんよ。
早速楽しみにしていたので、中身を開封します!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くだらない事に手間をかけすぎて、クオリティがやたら高くなっていて大爆笑です。
くだらない事に手間をかけすぎて、クオリティがやたら高くなっています。

 
修正ペンで手間をかけて書いたと思うと、ジワジワきます。
 
基本ひとりなので、ジワるの辞めたいのですが、ひとりの時だからこそジワるんですよね。
 
 
 
チェンマイでニヤニヤしたりいきなり笑い出したりしているのを見たら、それはワタシです。


荷物の損傷程度:★★★★
伊達直人からの寄付:★★★★★
デカくて重たい荷物はぶん投げられて雑に扱われる:★★★★★
軽い荷物はそうでもない:★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で