就航ホヤホヤのPeach(ピーチ)那覇〜バンコク便に乗ってみたぞ!

【2016年12月某日】

いつものように尻をかきながらネットサーフィンをしているとある記事が目に飛び込んできました。

国内LCCのPeach Aviation(ピーチ)がバンコクに就航決定。
また、それを記念して格安プロモーションも同時にやるで。

早速、ウェブサイトをチェックしたら就航日は来年の2月20日で予約受付も開始されたばかり。
「行くなら今しかねぇ〜」と私の中のリトル邦衛のひと押しもあったので迷わずクリック。

や、安いやないけ...

実は生まれも育ちも北海道の私にとって中々行く機会のなかった地域がここ沖縄でした。
若い頃は国内旅行を下に見て、「同じ位の金出すなら海外行くYO」と異国かぶれしていた為です。
この歳で海外で暮らすようになってからチャンスが訪れるとは人生わからんもんですな。

【時は流れて2017年2月19日】

いよいよ出発の日です。20日1:15発の便なので”GrabTaxi“でサクッと空港へ向かいます。
ピーチはLCCですがスワンナプーム国際空港発着ですので気を付けましょう。
私は普段ビンボ臭いドンムアン空港ばかり利用してるので危なく間違える所でした。

罵声が飛び交う動物園状態の大●航空とは対照的なカウンター

カウンターはスッカスカだったので待つ事も無くスムーズにチェックイン完了。
BFS(Bangkok Flight Services)の委託スタッフが可も不可もない態度で対応してくれました。

LCCお約束の僻地ゲートでした

ゲート前では初便に合わせてのセレモニーがあり、多くのメディアでごった返し状態に。
ピーチのCEOもこの時の為に日本からはるばる駆けつけて来ておりました。
登場時には通路でCA達とハイタッチで見送ってくれたのですが深夜なのでノリについていけず。

にこやかに気功砲の構えで出迎えるピーチの社員一同
使用機材はエアバスのA320-200

フライト時間は約4時間半と中距離の為か割と小さな機体でした。
深夜なので腹なんぞ減っていなかったのですが、折角なのでバンコク便就航記念の機内食を注文。

バンコクへ行く気分を盛り下げそうなトムヤムクンたこ焼き(750円)

たこ焼きの生地にトムヤムクン味を練りこんだ日本とタイのコラボメニューです。
お互いが中で喧嘩しあっておりますが両国の関係はいつまでも良好であってほしいものです。
そーこーしている間に沖縄に到着。

到着ゲートではレイ(造花)を首にかけてくれ歓迎モード
記念ノベルティやシンハービール引換券などいろいろいただきました

感想としては機内が狭い、LCCターミナルからの移動がシャトルバスの一択のみで不便等ありますが、
概ね満足できる内容ではないかと思います。てか片道1万円で贅沢言ってはいけませんね!
中には沖縄をスルーして東京に向かうタイ人も多く見られました。

これからは沖縄経由バンコク行が熱くなる!かも?

ピーチ・アビエーション (Peach Aviation)
Official Website
Facebook
Twitter

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で