果たして無事に届くか!? 日本からタイにEMSで荷物を送ってもらう

どうも、最近好調に記事をアップしている犬編集長です。
過去に犬二合半国内郵便(バンコク→チェンマイ)国際郵便(タイ→日本)についてレポしてましたが、今回は日本からタイへ郵便物を送ってもらった時のお話です。

普段は欲しい物があったらオンラインショッピングか日本帰国時に購入する私ですが、(何と無く気が引けてしまうので友達に買ってきてもらう事はごく稀。)どうしても今すぐGETしたかったアイテムが。それがコレ。

みなさんご存知でしょうか?
Twitterで話題を呼び、今では大人気の“残念な猫キャラ「ネコノヒー」”のグッズです。
去年の10月には初の単行本も発売になったのですが、オンラインストアは完売御礼、日本に行く予定も当面ナシとお手上げ状態。

そこでTallyho!のタイ語版(2017年12月にめでたくスタートしました)の記事にするという大義名分を作って日本にいる犬二合半に購入&発送手続きを依頼しました。
う〜ん、我ながらグッドアイディア。

ヤツは早速動いてくれました。
ヴィレッジヴァンガード(グッズ第一弾の店頭販売はヴィレヴァンのみ。)に電話での在庫問い合わせ&注文、Amazonで本の予約注文を即日終了。
そしてブツが全て揃った時点で電光石火の発送手続き。あんがとな。

ここからは首を長くしながら配送状況確認の日々です。
今回はEMS(国際スピード郵便)での発送なので日本郵便のウェブサイトで現在の配送状況が追跡出来ます。

発送から2日でタイ到着
鬼門の税関を無事通過
家には管理人窓口があるのに何故持ち帰る
タイ到着後はこっちの郵便局でも追跡可能

小包到着。

何事も無く発送先まで配達されたという事は今回は課税は無かったという意味です。
タイの郵便局では配達員が直接お金をやり取り出来ないらしく(まあ、信用されてないんでしょうな。)、郵便物が課税対象の場合は配達エリアの郵便局までわざわざ出向かなければいけません。

早速、届いたブツを見てみましょう。
パッと見は外箱に大きな損傷は無さそうです。よしよし。

キリン世界のKitchenからの贈り物です

タイでは内容品の価格と郵便代金と合計金額が1000バーツ以上する場合に課税対象となり、課税額に対する7%の付加価値税 (VAT) も請求されます。
(詳しくはタイ税関のサイトをチェックしてみて下さい。)

万が一、紛失した際に保険が必要になるような高額品以外は多少ゴニョゴニョしちゃってもいいかもしれません。
但し、本来の価格と異なる事が疑われた場合はお呼び出しと追加料金が発生します。くれぐれも自己責任で

非課税対象にする為の職人技が光ります
どうやら送り状の他に税金請求書(Tax Invoice)の添付も必要らしい

箱の中の品物も特に損傷はありませんでした。
待ちわびたネコノヒーグッズが無事GET出来てオッさん幸せです。

SUCCESS!

ネコノヒーからの癒されっぷり:★★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で