日本で大好評の映画『アイアムアヒーロー』をバンコクで見てきた

7月7日よりタイでも公開となった映画『アイアムアヒーロー (I Am a Hero)』を遅ればせながら見に行って参りました。

大人気コミックの実写化で評判も上々、おまけに私の敬愛する地元のスター、大泉洋が主人公の英雄を演ずるという事でこれは見逃す訳にはいきません。
『水曜どうでしょう』の次回作も楽しみですなぁ。

Twitterでは散々ぼやいておりましたが、公開日から3日間はいくつかの映画館にて上映していたのにそれ以降はプロンポンのQuartier CineArtのみ、しかも時間は22:45だけというかなりぞんざいな扱いでした。
これから見に行く人は終電には間に合わないのでタクシーで帰る羽目になります。

夕食を食べた後にEmQuarterでショッピングでもして時間を潰そうと思っていたのですが、よく考えたら殆どのお店は21:00で閉店なんですよね。
仕方がないので空港でのチェックインばりに早い1時間前に映画館へ。

IMG_0614
この日最後の上映という事もあり中はガラッガラ

ここタイでは映画のチケットは普通席で200バーツ(約600円)と日本と比べて半額程で購入できる上、公開日もずっと早いので映画好きにはたまらないお国です。

それにしても日本は何であんなに洋画の公開日が遅いんでしょうかね?
多分、あのどうでもいい邦題をチンタラ考えてるからではないかと思います。

(悪しき例)『Return of the Living Dead (1985)』→『バタリアン (1986)

(何故これは変えない)『Syriana (2005)』→『シリアナ (2006)

因みにチケットはタッチパネルで選んで購入できるのですが、確定ボタンを押す直前にずっと後ろで見てたスタッフに呼ばれてカウンターにて購入させられました。クソッ、最初からそうしろっつの。

気を取り直して、映画鑑賞には欠かせない飲み物とポップコーンを購入しに横の売店へ。

ポップコーンの味は定番の塩味、キャラメル味、チーズ味に加えてハニー味とトリュフ味の5種類。
ト、トリュフ!? 世界三大珍味がこんな値段で食する事が出来るとはさすがアメージングタイランドです。
本当はチーズ味が食べたかったのですが、悲しい貧乏人の性でトリュフ味を選択。

IMG_0617
特大サイズのペプシとポップコーンのペアセットで300バーツ(約900円)

味は何と言いましょうか…牧草を乾燥しいたけと一緒に食べたような風味が口に広がります。
不味くはないが好物の味を捨ててまで選ぶような代物ではないというのが率直な感想ですが、そもそもこんな物でトリュフを知ろうという事自体が大きな誤りでした。

待ち時間にやる事も特にないのでひたすら目の前のポップコーンを食べる事に没頭したらまさかの入場前に全て完食。

IMG_0619
如何わしい施設を思わせるようなシアター前

入場時間になったので早速、ゲートを通って指定のシアターへ。
バンコクの映画館はどこも立派ですが、ここはオープンしてから1年経っていない事もあってとても綺麗です。

上映前には新作の予告映像が流れるのは日本と同じですが、タイでは国王様を讃える映像が流されますので起立して「あぁ〜、ワシらはこの方のおかげでおマンマが毎日食べられるんや〜」と3〜4分間程感謝しましょう。(リスペクトの気持ちを怠ると不敬罪によりパックンチョされる恐れがありますので必ず行って下さい。)

さて、映画の感想ですが、(ここからはネタバレありですのでまだ見ていない人は注意して下さい。)

 

和製ゾンビ映画としては最高!
実写化映画の中ではかなりの出来!!
横のタイ人カップルうるせえぇぇぇぇ!!!

 

以上です。全部で5〜6人しかいなかったのに何故、隣の座席を選ぶんだよ!
指定済みの座席、タッチパネルで見たでしょうが!
おまけに意味わからんタイミングで笑い出したりするわ、貧乏ゆすり激しいわで楽しさ30%減でした。

でも面白い映画には間違い無いので是非見に行ってみて下さい!


住所:8 Sukhumvit 35 Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
電話番号:02-2610099
営業時間:10:00-21:00
定休日:なし
Official Website
Facebook
Twitter
オススメ度:★★★
タイ人の上映時のやかましさ:★★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で