[番外編 沖縄]話題のビッグダディの店「ジンギスカン きよし」で飯を喰らう

国内LCCの中で業績好調なピーチでは就航5周年を記念して3月1日〜31日までの1ヶ月間、
“PEACHKET”と称した航空券の日替わりSALEを実施しております。
初日なんて全路線555円の出血大サービスでした。恐ろしい時代さなったもんだで。

そんな鬼チケット企画の第3弾はコレ。

ジンギスカンの前にチケットの予約争いで大概は力尽きます

札幌/新千歳行きを対象とした片道3,555円の“仁義なき、ジンギスカンとの戦い!”
ネーミング担当のドヤ顔が目に浮かびますが、実は一足先に一勝負終えてきたのですよワタシ。
前回の記事でも触れたピーチのバンコク〜沖縄線に乗って今、話題の“あの男”の店に行ってきたのです。

ジンギスカンの表記が無いと歌って踊れるスナックにしか見えません

そうです。常人を超越した回数で結婚と離婚を繰り返す大家族の主、“ビッグダディ”の店です。
旅情報をネットで収集中に偶然知ったのですが、数ヶ月前に沖縄に引っ越してお店を開いたとの事。
ジンギスカンの本場、札幌にて実際に修行してきたみたいだが道産子のワシの舌はごまかせんで!
(実は語れるほど食べた事は無い)

見覚えのあるタッチのイラストです

入店前は本人が見られればいいな〜位の気持ちだったのですが、入口の扉を開けたと同時にテレビで見たまんまのダディが入口でお出迎え。
開口一番、「予約のお客さん?」とあの険しい顔で言われ若干焦りましたが、ただ聞いただけらしい。
一見さんお断りとか私の身なり*から拒否されるのかと思ったわ。
*私、犬編集長は事前の調査不足により半袖しか持参しておりませんでした。(みんなコート着てた)

予想外のワンオペ
便所にも予約がいるのか!?

平日の20時頃でしたが、お店はほぼ地元のサラリーマンで満席でした。
(他のお客さんの邪魔にならないよう写真をパシャパシャやるのは今回は遠慮しておきました。)
4人掛けのテーブル席3つにバーカウンター6席とジンギスカン屋にしてはこじんまりとしてます。
つか、七輪置いてあるスナックです。

お品書きもダディお手製

メニューはいたってシンプルで肉!野菜!飯!最後は冷麺で〆!と迷う事は無いのですが、
一人で忙しなく働いているので声をかけるタイミングが中々見つからない…
ダディ曰く、「ここは気取った店では無いから注文は待ってないでその都度言ってね。」との事。

北海道ラム+野菜:1,200円 ※ダディが半分鍋に乗せた後です(野菜は食べた後に来ました)
脂はこだわりの沖縄アグー豚を使用
店自慢のつけダレでいただきます
追加で注文した北海道マトン:800円
盛岡冷麺(小サイズ):350円

正直な話、そこそこの味を想像していたのですが…意外や意外、美味しかったですよ!
肉の鮮度も良い上、アグー豚の背脂と自家製のつけダレがいい感じにマッチしております。
だてに毎日、大家族相手に飯をこしらえておりませんな。

ダディも気難しそうには見えますが話しやすい人でしたね。写真にも気さくに応じてくれました。
(勝手に撮影してムッとしている訳ではありません)
話によると、ろくにオーダーもせずに元嫁の話を聞いて来たりする観光客が結構いるらしいです。
もちろん私は聞きませんでした。何故なら飯が不味くなるから。

沖縄に来た時はソーキそばやチャンプルではなく、あえてジンギスカンを選択してみましょう。
もし、同行者からのブーイングがあったらこう言ってあげて下さい。

ジンギスカン きよし
住所:沖縄県那覇市松山1丁目15-7
電話番号:080-8576-5051(非通知不可)
メールアドレス:this.is.who.i.am@docomo.ne.jp(予約専用)
営業時間:18:00-6:00
定休日:不定
Official Blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で