タイのインターネットテレビ「iHere TV」の番組内容がかなりヤバいぞ!

トォキィヨウ〜(東京)」

「オッサカァァ〜(大阪)」

「シンジカガワ!(香川 真司)」

などと何の脈絡も無い日本語をいつも私達に投げかけてくれるタイ人は日本に興味深々。
もうブームなんぞ完全に通り越してタイの文化に溶け込んでいってる感すらありますね。

そんな日本を紹介するタイのテレビ番組というのが数多く存在する訳ですが、その中でもインターネットテレビ「iHere TV」の日本紹介バラエティ「Kimochiii」は日本では放送アウトなレベルの企画を次々とブチ込んでくる異色の存在です。

vlcsnap-2016-08-06-00h26m03s602
出演者のプラークン (พล่ากุ้ง)、レイコ (เรโกะ)、 ダニー (แดนนี่) による番組恒例の乳首イジりポーズでスタート

番組のタイトルでもある「気持ちいい」は日本のAVの影響もあってか、タイでは卑猥な言葉という認識なのはわかりますが、それを自らの乳首を苛めるという発想に繋げてしまうドMっぷりにまず1ポイント。

基本的な番組の流れとしては、2人のタイ人タレントが日本語堪能なレイコさん(タイ人)と一緒に日本のいろんな場所を案内するといったベタな感じですが、シーズン5の第2話ではまさかの山●組のヤ●ザ訪問。

組織からは既に足を洗った元構成員の方々との事でしたが、これオンエアして大丈夫なんですかね…?
若干涙目の通訳(レイコさん)お構いなしに後の2人は「ヤクザー!」「ヤマグチー!」と連呼してます。

vlcsnap-2016-08-06-01h06m23s543
モノホンのロゴが輝く当時の住所録を惜しげもなく公開

日本だとどうしてもインタビューの内容がシリアスな流れに向かいがちですが、そこはさすがタイ人。
指を詰めた時のエピソードなどを満面の笑みを浮かべながらガンガン掘り下げていきます。

しかもペナルティ1回に付き、指1本だから10回まではオッケーなんだみたいな誤った解釈しているように見えました…

vlcsnap-2016-08-06-01h22m43s870
地獄の閻魔様もびっくりの出血大サービス

また、ヤ●ザの方々もジョークを交えながらの応対で最後には背中の絵画も披露してくれたりとかなりサービス精神旺盛でした。

他にも多くのエピソードがあるので激しく暇な時に見てみてはどうでしょう?
スポンサーは我らの「トヨター!」ですしね。


Official website
Facebook
企画の際どさ:★★★★★
OB方々のサービス精神:★★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で