[番外編 ハノイ]あのオバマ氏も訪れたブンチャー有名店で大統領気分に浸ってみた

2月に沖縄に行ってきたばかりの私ですが、休暇が取れたので調子に乗ってまた旅に出てきました。
「ほ、放浪のむ、虫が動き出したんだな、ウン。」(山●清風)
今回の行き先はベトナムの首都、ハノイでございます。

行ったことのない所からいくつかの候補を挙げてそっからの消去法で決めたのですが、あんまり時間はかかりませんでしたね。
「ここはキレイな便所無さそうだからダメ〜」とか、「ビザランじゃあるまいし、こんなクソみたいなトコ行くか!」「まっ黒ほっかむりの大群なんか辛気臭くて見たないわ!」とか、まぁそんな感じです。

ビューーーン!!

ジェット機の騒音がエアチケットの購入方法やら機内レポとか色々かき消してしまいましたが、ハノイの空の玄関口、ノイバイ国際空港に無事到着しました。
2015年にオープンしたターミナルらしくとってもキレイでございます。

いつもであればポケモンGO(まだやってる奴いるのか!?)のモンスター探しの如く、Wi-Fiを求めて建物内を軽く徘徊するのですが、今回はSkyberryという強力な相棒がいるのでお外へ直行。
(両替はバンコクのスーパー金持ちで渡航前に済ませてきました)

以前はハノイ市街へ行くにはタクシー、各駅停車の路線バス、男っとこ前なツラでヒッチハイク位しか選択肢が無かったみたいですが、去年に高速バスが運行開始したらしいのでそいつを利用してみる事に。

オレンジ色の86番のバス
運賃は30000ドン(約150円)
シートが硬いが贅沢は言えん

小一時間程バスに揺られながらホテルのある旧市街に到着。
ここは何でしょうか…カオサンロードとナーナーをごっちゃにしたような混沌としたエリアですな。
観光の利便性バツグン!というネット情報を鵜呑みにしたワタクシ、若干の後悔。

チキンレースさながらに交差点に皆突っ込んでいきます

ホテルでチェックイン&オプショナルツアーの強引な勧誘を柳のように受け流した後は早めの夕食へ。

私の尊敬する“グルメ界のチョイ悪オヤジ”アンソニー・ボーティン氏があのアメリカ合衆国大統領(当時は現役)、バラク・オバマ氏を連れて訪れたという“ブンチャー”の人気店「Bun Cha Huong Lien(ブンチャー フオン リエン)」へと向かいます。

ブンチャーは“ブン”と呼ばれる細い米麺を炭火焼きの肉や香草と一緒に甘酸っぱいタレにつけて食べるつけ麺の一種でベトナム人の間では“フォー”と同じ位ポピュラーな食べ物みたいです。ズビッ。

場所はホエンキアム湖の対岸で割と遠いのですが、街ブラ愛好家の私は徒歩で行って参りました。

おのぼりさん丸出しの欧米人
途中でバイン・ミー買い食い
便所詰まりのエキスパート達
湖はやかましい街のオアシス
社会主義国ぽい一風景
アジアお約束の激しい電線

そんなこんなしている間にご到着。
外観はお世辞にも大国の首脳が訪れるお店には見えません。よう連れてきたなアンソニー…

夕食にはちと早い時間だったので待ち時間ナシ
店内はオバマ氏来店時の写真イパーイ

客の殆どはジンガイばっかなのかなと思いきや、意外と地元の人も多くいました。
ここはブンチャー専門店なので選択肢は多くない上、写真入りのメニューもあるので注文で迷う事は無いと思います。
つか、殆どの人がオバマ目当てだろうから黙ってコレ頼みましょう。

コンボ・オバマ:85,000ベトナムドン(約450円)

安っ!そして来るの早っ!3分位で全オーダーがテーブル上でサミットしちゃいました。

オバマ元・大統領も飲んだハノイビール
オバマ元・大統領も食べたブンチャー
オバマ元・大統領も食べた揚げ春巻き

アラ、イヤダ…全部美味しいやないの…

個人的にはカニ肉入り揚げ春巻の美味さに度肝を抜かれました。
(ブンチャーも間違いなく美味しいですよ!)
ハノイに来たら是非、大統領も堪能した味を堪能しに行ってみて下さい!

帰りがけに地元民と得意の相撲で一勝負してご満悦の犬編集長(右)

ブンチャー フオン リエン (Bún Chả Hương Liên)
住所:24 Le Van Huu, Pham Dinh Ho, Hai Ba Trung, Ha Noi
電話番号:+84 (0) 0844-3943-4106, +84 (0) 0849-0449-3322, +84 (0) 0849-6696-2683
営業時間:10:00-17:00
定休日:不定
Facebook

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で