チェンマイ タイなのに落ち着くスタバ(時間限定)

以前バンコクに住んでいた頃にはスタバはどこも激混みの印象。
敢えて言うなら、エムクオーティエのフードコートの隣にあるスタバは穴場と思っていました。
平日は意外に空いているんですよね。

スターバックスで思い出しましたが、バンコクのMBKの「スターバックス」の隣に堂々と出店していた、「スターバックカフェ」が今年の7月頃に閉店したとの記事を拝見して少し残念に思っています。

本家スターバックスの真横に堂々と出店していたスターバックカフェ。
本家スターバックスの真横に堂々と出店していたスターバックカフェ。
写真は2014年頃、物珍しさで入店した時に撮ったものです。
写真は2014年頃、物珍しさで入店した時に撮ったものです。

話しが本題からそれてしまいましたが、チェンマイでは、お気に入りのカフェが自宅のすぐ側にあるので毎日のように行っていますが、たまに普通のドリップコーヒーが飲みたくなります。

そんなときに利用するのが、カードスワンケーオ(センタン)のスタバです。
チェンマイではスタバはまだ2件しか知りませんが、ここは朝9時頃めがけて行くと客があまりいなくて超快適な時間を過ごす事ができます。
ショッピングモールの外にあるのも一つの重要な要素かもしれませんね。

センタンの開店時間は朝10時なので外にもあまり人はいません。
センタンの開店時間は朝10時なので外にもあまり人はいません。

ワタシは深煎りのコーヒーが好きなので、豆を選べるコーヒープレスで頼みます。
スマトラがあるか聞いてみましたが無いって事で同じダークローストの「コモド・ドラゴン」を頼みます。

本日はコモドドラゴンを注文です。たしか100バーツくらい?
本日はコモドドラゴンを注文です。たしか100バーツくらい?

店内は、この静寂の時間を知っているのか、常連のお年寄りファランが2.3人ポツリポツリいるくらいで、ガラ空きです。
1番奥の窓際のテーブルを陣取って、本を開くでも、ラップトップを開くでもなく、ただただボ〜ッとします。

たまに、店員と話しをしますが、チェンマイのスタッフはみんなフレンドリーで笑顔で癒やされます。

そうこうしているうちにモールの開店時間が近づいて来ると、ラフな格好のおじいちゃん達がワラワラと集まって来るのが窓から見えます。
毎日来るのかスタッフに挨拶だけしていくおじいちゃんや、汗だくの太ったおじいちゃんが駆け込んで来て、「ダンキンドーナツどこにある?」まだ開店前だとスタッフが説明すると、「OMG!」っと言って頭を抱えるおじいちゃん。
あと10分くらい我慢できないくらいダンキンじゃなきゃダメなんでしょうか。

窓から人々の生活が見えて、なかなか楽しいです。
夕方にはショッピングモールの前に小規模ですがマーケットも出てにぎわいます。

ちなみにセンタンの様子はと言うと、

こんな感じ。年季入ってます。
こんな感じ。かなりの年季の入りよう。
中庭。
中庭。隣はホテルで中国人観光客多し。
ゾーンA,B,Cに分かれていて、複雑な作りになってますが、どこも寂れてます。
ゾーンA,B,Cに分かれていて、複雑な作りになってますが、どこも寂れてますね。
靴屋さん。
靴屋さん。
ふ、服コーナー。なんかかび臭いです。
ふ、服コーナー。なんかかび臭いです。
お土産屋さん。
お土産屋さん。

地下にはトップスマーケットも入っていいますが、リンピンの方がキレイだし安い印象。ただし、1番近い「MAYA」のリンピンは小さいので品揃えも悪く、トップスマーケットで買い物する事が多いです。

こんな平日は辛気臭いセンタンですが、週末は若者や、家族連れで一応混雑するのですが、チェンマイにはセントラル・フェスティバルや、他にも新しいショッピングモールがあるのでそちらが人気のようですね。

一応、映画館もありますが、空いていている点はいいかもしれませんが、同じ値段なら断然「MAYA」に行きますよね。
入ってみたい好奇心もありますが、少し勇気がいる古臭さ加減です。


落ち着き度:★★★★
空いてる時間:朝と夕方〜夜にかけて狙い目
コーヒー:★★★★
スタッフ:★★★★★
おじいちゃんの多さ:★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で