チェンマイ ニマンヘミンのコワーキングスペース「PUNSPACE」

チェンマイは、今でこそ、その順位を下げてバンコクに取って代わりましたが、「Nomad List」で長きに渡り上位に位置していた、所謂デジタルノマドに人気の都市です。

どうも「ノマド」ってもう死後に近いような気がしないでもないのですが、ワタシもノマドワーカーなのか?と聞かれると、そうだとも、そうじゃないとも言えるのですが、
何せ、ラップトップひとつでどこでも仕事ができるという定義がノマドワーカーだとしたら、それには当てはまらないからです。

何より、多くのノマドワーカーがそうなように、カフェで仕事をするという事自体、落ち着かないのです。
それなりに混んでくると、その店の回転率を下げている事に罪悪感を覚えたり、別にやましい画面を開いているワケでもないのに背後に立たれると画面を閉じてみたり、とにかくソワソワしたあやしげな日本人で、堂々とスマートに仕事ができないのですよ。

その点、コワーキングスペースは店の混雑ぶりに配慮しなくても良いので、バンコクでも何件か行った事がありますが、そのパーソナルスペースの狭さにヤラれてしまい、どうも足が遠のいてしまいます。
結局は、自宅コンドにこもって髪ボッサボサのままで仕事して、オンオフのないダラ〜っとした生活をしてしまいがちに。

せっかくノマド天国チェンマイに来たので、その代表格と言われるニマンヘミンの「PUNSPACE」へ行ってみました。

この「PUNSPACE」は、ニマンが1番最初にできた、おそらくコワーキングスペースの走りだと思われます。
ついでターペーにもオープンし、そちらの方が広くて収容人数も多いとの事で人気のようです。
最近では、ニマンのPUNSPACEは、満員で入店お断りの張り紙を出す程だそうです。

散歩がてら途中カフェに寄り、チェンマイ旅行の拠点であるニマンヘミンの宿泊先から歩いて行く事にしました。

宿泊先ホテルから15分くらいでしょうか。googleマップを頼りに歩いて行きます。まぁ真っすぐ行って1回しか曲がってません。
しかし今回の宿泊先、本当にローケーション抜群です。

自然と融合した建物がなんともいい雰囲気。(でも外で仕事すると蚊にヤられそう)
自然と融合した建物がなんともいい雰囲気。(でも外で仕事すると蚊にヤられそう)
周辺は静かでホステルやオシャレなカフェが軒を連ねています。
周辺は静かでホステルやオシャレなカフェが軒を連ねています。
みなさん集中してお仕事中です。
みなさん集中してお仕事中です。
2Fはレンタルオフィス。2人用と3人用。
2Fはレンタルオフィス。2人用と3人用。

ビジターは1DAY PASSが229バーツ(約900円)で、月〜土曜日の9:00AM〜6:00PMまで利用できます。
会員は、3499バーツ/1ヶ月(約10500円)になると、24時間利用可能、そして、ターペーの支店も利用できるようになるそうです。[PUNSPACE_Pricing参照]※ターペーとニマンでプランや値段が違うので注意です。

また、希望者には、ディスプレイモニターも1日50バーツで貸してくれるようです。これは嬉しい。
トイレは3つあり、シャワー室まであります。(写真撮ってくるのを忘れてしまいました。)

そして、肝心のネットスピードを測定してみました。困らない事はないでしょうが、微妙に遅いです…
3つのアクセスポイントがあるので、遅い場合は別のを試して様子見で使うのが良いですね。

ネットスピードテストの結果...お、遅い。
ネットスピードテストの結果…お、遅い。

実際に少し残っていた仕事をしてみました。
なかなか静かで集中して仕事ができ、あっという間に2時間くらい経ってしまいました。

これなら、コワーキングスペースの苦手意識も払拭できるかもしれない。
そう思いながら、腹がグーグーなっていました。


場所:★★★★
環境:★★★★★
ネット環境:★★★
設備:★★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で